神奈川・横浜
「ポルタイタリア語学スタジオ」

神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-1-20-402 タマプラーザKY

たまプラーザ駅から徒歩2分。
町田・川崎・大和各方面に
お住まいの方も通学便利。

ルチアーノ・リガブーエ

LUCIANO LIGABUE
※イタリア語の下に日本語訳があります。

Uno dei cantanti più amati in Italia è LUCIANO LIGABUE, solitamente chiamato LIGABUE o IL LIGA Chiamarlo cantante, in verità, è un pò riduttivo, perché ha diretto due film e ha anche scritto una raccolta di poesie, una di racconti e un romanzo, riscuotendo quasi sempre successo.

È nato a Correggio, in provincia di Reggio Emilia e prima di cominciare la carriera artistica ha fatto molti lavori (come troppi in Italia). Negli anni ottanta ha formato un gruppo musicale con degli amici, ma il successo e la notorietà sono arrivati con l’album LIGABUE, del 1990. Io l’ho cominciato a seguire proprio con quel disco. Ricordo che ho sentito la canzone NON È TEMPO PER NOI e ne sono rimasto affascinato. Ho seguito Ligabue passo passo, fino all’album MISS MONDO. Dopo la distanza dall’Italia mi ha separato da lui. Noto, però, che è ancora amatissimo. E questo nonostante che sia quasi scomparso dalla televisione italiana.

Ha partecipato a diverse iniziative per il sociale come LIVE 8, organizzato per sensibilizzare i governi occidentali ai problemi del terzo mondo e LIVE EARTH di Al Gore che trattava la salvaguardia dell’ambiente.

Non credo che le sue canzoni possano piacere ai giapponesi che lo bollerebbero come うるさい. A noi italiani Ligabue piace per quello che le sue canzoni trasmettono: non parlano solo d’amore, ma anche e soprattutto delle piccole cose della vita quotidiana. Per esempio: nei suoi testi ricorre spesso il BAR MARIO, il bar ideale in cui quasi tutti gli italiani potrebbero andare. La canzone CERTE NOTTI parla della notte speciale che qualche volta succede di trascorrere. Il brano SOGNI DI ROCK’ ROLL di un concerto rock tenuto in una macchina, dopo una notte di divertimenti. Tutte cose che qualsiasi italiano ha fatto o vorrebbe fare.

A me piace perché sa dire cose che arrivano direttamente al cuore. Trovo anche che molti dei suoi testi siano delle piccole poesie. Inoltre, apprezzo molto Ligabue per l’assenza di quei messaggi negativi che, purtroppo, altri cantanti veicolano.

Se vi capitasse di ascoltarlo, fatemi sapere che ne pensate.

NON È TEMPO PER NOI

http://www.youtube.com/watch?v=wItupMDVrVk

CERTE NOTTI

http://www.youtube.com/watch?v=PA9VqtdT5S8

SOGNI DI ROCK’ ROLL

http://www.youtube.com/watch?v=yZvTv9OwAjc

il BAR MARIO

http://www.youtube.com/watch?v=gvJjJ3yzOk4

ルチアーノ・リガブーエ LUCIANO LIGABUE
イタリアで最も愛されている歌手の一人LUCIANO LIGABUE(ルチアーノ・リガブーエ)

普通は、LIGABUE(リガブーエ)とかIL LIGA(イル・リーガ)とか呼ばれています。彼を単に歌手というにはあまりにも簡単すぎる気がします。何故なら、彼は今までに2本の映画を監督し、詩集や、小説なども書いているからです。しかもそれらは大半が成功を収めています。

彼は、エミリア・レッジョ県(エミリア・ロマーナ州)にあるコレッジョという町で生まれました。彼のアーティストとしての経歴の前に、大抵のイタリア人と同じく多くの仕事を経験しています。80年代に彼は友人達とバンドを結成しました。そして、1990年に発表されたLIGABUE(リガブエ)というアルバムが、彼らに成功と名声をもたらしました。実は僕も、このアルバムをきっかけに彼らの作品を聞くようになりました。「NON È TEMPO PER NOI(ノネテンポペルノイ)」という曲を聞いた時、僕は大変心を動かされた事を記憶しています。それから「MISS MONDO(ミスモンド)」というアルバムまでずっと僕は彼らの作品を追い続けました。残念ながら僕がイタリアから遠くはなれる事になり、彼とも距離をおかざるを得なくなりましたが、イタリアではまだまだ彼は愛され続けていると思います。テレビの画面で彼の姿を見かけなくなったとはいえ。

そして現在彼は、第三国が抱える様々な問題を、西洋諸国の各政府に提起するために、LIVE 8のような社会事業団体、LIVE EARTH di Al Goreという環境保護に携わる団体に参加しています。

彼の曲はというと、おそらく日本の人々には、うるさいというようなイメージを与える事もなく、きっと気にいってもらえると僕は思います。我々イタリア人は、彼の曲が伝えようとする事がとても好きで、なぜならそれらは、愛の歌だけでなく、日常のほんの些細な事などが語られているからです。例えば、彼の作品にはil BAR MARIO(バール・マリオ)が繰り返し出てきて、それはイタリア人にとっては、バールといえばイメージするバールです。CERTE NOTTI(チェルテノッティ)という曲では、それまでに過ぎ去ったいくつかの特別な夜をうたったものだったり、SOGNI DI ROCK’ ROLL(ソーニディロックンロール)の一節では、友達と遊びに行って楽しかった夜の帰り、車の中で繰り広げられるロックコンサート!これらの曲のほとんど全てが、我々イタリア人には自分たちも似たような経験があったり、またやりたい事でもあるんじゃないかな。

それらが心に直接響くところが僕はとても大好きで、彼の曲には、詩的なものが多い事にも気がつきました。さらに、彼の歌は、他の歌手がときおり伝えるようなネガティヴ(否定的)なところがなくて、そういう点を僕はとても評価したいと思います。

もし皆さんも彼の曲を聞くことがあれば、どんな風に思うか僕に知らせてくださいね。

Copyright © 2020 ポルタイタリア語学スタジオ. All Rights Reserved.