神奈川・横浜
「ポルタイタリア語学スタジオ」

神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-1-20-402 タマプラーザKY

たまプラーザ駅から徒歩2分。
町田・川崎・大和各方面に
お住まいの方も通学便利。

週末

il fine settimana
※イタリア語の下に日本語訳があります。

Qualche tempo fa ho trascorso il fine settimana vicino al lago Yamanaka, nella zona del Monte Fuji. Domenica sera, mentre tornavo a casa, ho pensato per l’ennesima volta ai fine settimana che passavo in Italia e al fatto che da quando sono in Giappone questo succede raramente.

In Italia, specialmente nei grandi centri abitati, è molto diffusa l’abitudine di passare il fine settimana fuori città. Molte famiglie affittano una casa in montagna o al mare, altre si fanno ospitare dai parenti e altre vanno in albergo o in agriturismo.

Io d’estate andavo al mare, in Liguria e d’inverno in montagna o a sciare, in qualche posto vicino a Milano. Non tutte le settimane, ma quando era possibile.

Si parte il venerdì sera o il sabato mattina, spesso facendo lunghe code in autostrada e, arrivati a destinazione, ci si diverte e rilassa. La domenica sera si torna a casa, facendo delle code autostradali altrettanto lunghe, ma soddisfatti ( almeno si spera).

Si fa questo, perché in Italia si pensa che “staccare” dalla vita quotidiana sia una cosa importante. Così si può dimenticare lo stress del lavoro e cambiare abitudini.

In realtà il concetto del relax è talmente radicato che succede di sentirsi dire “Devo andare al mare!” o “Devo riposarmi!”. “Devo”…

In Giappone non mi sembra che ci sia questa mentalità. Quando ne parlo ai giapponesi, loro obiettano che per fare questi fine settimana fuori città, si spendono molti soldi. Non pensano assolutamente al relax. Evidentemente si rilassano in altri modi, oppure spendono i loro soldi nei centri commerciali.

週末 il fine settimana

少し前、僕は富士山の近くの山中湖で週末を過ごしました。そして日曜の夜、その自宅への帰り道、イタリアで過ごした週末のことや、日本に来てからはほとんどそんな週末を過ごしていない事などを何度も考えていました。

イタリアでは、特に都会では、週末を町の外で過ごす事が習慣として広がっています。多くの家族が山や海に家を借りたり、親戚を招待したり、ホテルやアグリツーリズモ(農園での農業体験滞在)に出かけたりしています。

僕は、夏はリグリアの海によく行きました。冬はスキーをしにミラノの近くの山へ出かけました。毎週末ではありませんが、行けるときには出かけました。金曜の夜、もしくは土曜の朝に出発し、長い高速道路の渋滞を走ります。そして目的地にたどり着き、十分楽しんでリラックスします。日曜の夜、またまた同じく長い渋滞を抜け、家にたどり着きます。でも、すごく満足するんですよね(まっ、そう思いたいだけかもしれませんが)。

どうしてそんな事をするのかって言うと、イタリアではこうして日常生活を「破る(イタリアでは剥がすというらしい)」ことは、とても重要な事だと考えるからではないでしょうか。そうして、普段の仕事を忘れ、日常の習慣を変える事ができます。

実際には、イタリアでは、こうしたリラックスに対する考え方は、強く根付いていると思います。色いろなところで「僕は海に行かないと!」「私は休養しなきゃならないわ」「~しなきゃ」と人々がいってるのを聞くことでもわかります。

日本では、そのような考え方はあまりないように思えます。何人かの日本人とその話をしたとき、彼らは週末を街から出て過ごす事には、あまり賛成ではありませんでしたね。たくさんお金を使うからって。リラックス(息抜き)するという事は考えない感じでした。きっと、何か他の事でリラックスしているのでしょうね。

TOTO

Copyright © 2020 ポルタイタリア語学スタジオ. All Rights Reserved.