神奈川・横浜
「ポルタイタリア語学スタジオ」

神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-1-20-402 タマプラーザKY

たまプラーザ駅から徒歩2分。
町田・川崎・大和各方面に
お住まいの方も通学便利。

クリスマス

Natale
※イタリア語の下に日本語訳があります。(写真は現在のDuomoではありません)

Il Natale si sta avvicinando a grandi passi. Per gli italiani è la festa più importante dell’anno e, pur passandola in famiglia, ognuno la vive a modo proprio. Sì, perché in Italia non c’è un’ unica maniera di passarlo, essendo le tradizioni diverse da regione a regione e, qualche volta, da città a città.

I miei ricordi del Natale da bambino cominciano dall’albero che mia madre addobbava agli inizi di dicembre. Secondo la tradizione andrebbe preparato l’8 dicembre e riposto il 6 gennaio. Mia madre, però, per fare felici me, mio fratello e mia sorella, lo addobbavava prima e lo rimetteva via un po’ dopo. Era una tradizione di casa mia farlo tutti insieme e ho tanti bei ricordi di quei momenti.

Mano a mano che il Natale si faceva vicino, nelle strade comparivano gli zampognari che allietavano noi bambini con il suono dei loro strumenti.

È tradizione in molte zone d’Italia fare la cena della Vigilia, il 24 dicembre, mangiando pesce e verdure. Mia madre preparava il capitone e il baccalà accompagnati da piatti di contorno che ho dimenticato e si mangiava tutti insieme aspettando la mezzanotte, quando secondo la tradizione nasce Gesù. Naturalmente, mangiavamo anche un numero impressionante di dolci! Un ricordo particolare è che mio padre, che era siciliano, quella sera mangiava sempre un piatto un po’ particolare: le arancie con la buccia tagliate a fette sottili e condite con olio e aceto. Almeno io ricordo questo, ma potrei sbagliarmi.

A casa mia i regali venivano distribuiti quella sera. Che gioia aprire le scatole e trovarci dentro la cose che avevamo chiesto a Babbo Natale!

Il 25 si passava a casa, giocando e mangiando, mangiando. Era un giorno felice e tranquillo.

Con il tempo la cose sono cambiate e di recente il Natale italiano e quello giapponese si somigliano in modo impressionante. È una scusa per fare regali, spendere soldi e far finta di essere buoni. Comunque, bando alle tristezze. Buon Natale a tutti !!

クリスマス Natale
クリスマスが、足早に近づいていますね。イタリア人にとっては、家族で過ごす1年で最も大切なお祭りです。その過ごし方は、千差万別それぞれです。はい、なぜかって言うと、イタリアには、クリスマスの過ごし方においてこれだ!と決まったものはないんです。各州によってもその伝統が違いますし、時には、町と町でも違ったりします。

僕の子供の頃のクリスマスの思い出といえば、12月のはじめ、マンマがクリスマスツリーを飾りつけるところから始まります。言い伝えとしては、12月の8日にクリスマスツリーを準備して、1月の6日には片付けることになっています。僕のマンマは、僕や、妹弟や、姉さんが喜ぶので、少し早めに飾りつけ、少し遅めに片付けていました。僕の家では、みんなで一緒に準備するのが習慣で、そんな瞬間のいい思い出がたくさんあります。

少しずつ、クリスマスが近づいてくると、道には、子ども達をその音色で喜ばせようとザンポーニャ(バグパイプに似た楽器)という楽器弾く人が現れます。

イタリアで多くの地域で伝統として、12月24日のクリスマスイヴには、魚と野菜の夕食を食べます。僕のマンマは、カピトーネ(クリスマスに食べる大うなぎ)と、バッカラ(乾燥たら)と、なんだったかわすれたけど野菜の付け合せ料理を作ってくれました。そして、皆でそれらを食べながら真夜中12時、イエス・キリストが誕生したといわれる、その時を待ちました。

もちろん、数え切れないほどのデザートも食べましたよ!特別な記憶として、僕のパパはシチリア生まれなので、ちょっと変った料理を食べていました。薄くカットされたオレンジに細かく切った皮をのせ、油とお酢で味付けします。少なくともこれは記憶しているんだけど、もしかしたら間違いかも。

僕の家では、プレゼントはその夜に配られます。そのプレゼントの箱を開けて、中にサンタクロースにお願いしたものが入っているのを見つけたときは、なんて喜びでしょう!

25日は、家で、遊んで食べて、また食べて過ごします。それは、本当に穏やかで幸せな一日でした。

月日がたち、最近ではイタリアのクリスマスも少し変ってきたような気がします。それは、どこか日本のクリスマスにも似たような感じです。(クリスマス本来の意味から離れ)お金を使い、その日だけいい人で、なんだかプレゼントを渡す口実のクリスマスになってしまっているような気がします。ちょっとそれはやはり寂しいことですね。 良いクリスマスを!!

Copyright © 2020 ポルタイタリア語学スタジオ. All Rights Reserved.