神奈川・横浜
「ポルタイタリア語学スタジオ」

神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-1-20-402 タマプラーザKY

たまプラーザ駅から徒歩2分。
町田・川崎・大和各方面に
お住まいの方も通学便利。

バレンタインデー

San Valentino
※イタリア語の下に日本語訳があります。

Anche quest’anno San Valentino è passato. Lo avete trascorso bene?

Le origini di questa festa sono antiche. San Valentino era un santo martirizzato il 14 febbraio del 269 dopo Cristo e, non si sa bene perché, è sempre stato associato all’amore. La festa di San Valentino fu istituita nel 496 da Papa Gelasio primo, per sostituire una precedente festività romana dedicata alla fertilità.

L’usanza dei “Valentine”, i bigliettini d’amore scambiati il 14 febbraio, sembra essere cominciata nei paesi anglosassoni, nel tardo Medioevo. Intorno al 1850 la festa ha cominciato ad assumere la fisionomia attuale, con l’inizio della produzione di massa dei “Valentine”. I biglietti hanno forme e contenuti che ricordano i tratti di questa festa. I cuori, le colombe e i fiori, perciò abbondano.

In Italia è la festa degli innamorati. Si regala qualcosa alla persona amata o che vi vuole diventi tale, accompagnando il regalo da un biglietto d’amore, possibilmente originale. Qualche volta, quindi, può capitare di fare o ricevere regali indesiderati! Che cosa regalarsi non è deciso a priori, dipende da tante cose. Di certo, in Italia i cioccolatai non hanno particolarmente da fare in questo periodo! La sera si va in un ristorante romantico, almeno chi se lo può permettere.

Chiedendo ai miei amici, ho scoperto alcune cose interessanti su San Valentino. Nei paesi anglosassoni non si dovrebbe firmare il bigliettino e anche i bambini ricevono dei regali. In Spagna è consuetudine che gli uomini regalino rose rosse alla propria amata.

In Giappone ha assunto la forma che tutti conoscete e decisamente non è il periodo ideale per cominciare una dieta. Gli stranieri non capiscono questo modo di passarlo. Pensandoci bene, però, questa potrebbe essere la scelta migliore per questo paese. Pur con tutto il rispetto e le dovute eccezioni, non è possible immaginare il tipico uomo giapponese che compra un regalo per la propria amata e che scrive un bigliettino d’amore pieno di parole romantiche! Per questo bisognerà aspettare ancora molto.

バレンタインデー San Valentino
今年もバレンタインデーが過ぎました。皆さん楽しく過ごされましたか?

このFesta(お祭り)の起源は古く、聖バレンティーノは、西暦269年、2月14日に異端者として処刑されました。どうしてそうなったかは分かりませんが、いつもすぐに「amore愛」に結び付けられて来ました。バレンタインのお祭りは、西暦469年に、その時の法王ジェラジオ1世が、それまでローマ時代から続けられた、当時「多産」を願うためのお祭りを変えるために制定しました。

「バレンタイン」という習慣は、2月14日に愛の言葉をカードにこめて交換する事で、中世後期アングロサクソンがすんでいた国から始まったようです。1850年頃から、そのカード「バレンタイン」は大量生産され、現在の形に変ってきたようです。そのカードには、絵も詩も文章の意味も、バレンタインの愛の事が書かれています。だからカードには、愛のシンボルであるハートや鳩や花がたくさんあふれています。

バレンタインデーはイタリアでは、恋人のお祭りです。愛する人や、恋人になって欲しい人に、愛のカード(出来るだけオリジナルで)を添えて何かプレゼントをします。なので、時々、あまり喜ばれないプレゼントをあげたり、受け取ったりする事もあります。何を贈るかは、特に決まっていませんし、実際、イタリアでは、この時期チョコレート屋さんは特に忙しくはありません。お金のある人は、夜に、ロマンティックなリストランテに出かけたりします。

何人かの友人にバレンタインデーについて聞いてみたところ、面白い事に気がつきました。アングロサクソン圏では、カードにサインをしないし、子ども達もプレゼントをもらうそうです。スペインでは、男性が大好きな人に、真っ赤なバラを送る事が慣習になっているようです。

日本では、バレンタインをどのように過ごすかをみんなが知っています。ですから、ダイエットを始める時期ではありません。外国人にとっては、この過ごし方はあまり理解できなくて、よく考えてみたけれど、でも、きっとこの国では、これが最善の方法なのかもしれません。全ての尊敬としかるべき例外を持ってしても、いわゆる日本人の男性が、本当に好きな人にプレゼントを贈ったり、ロマンティックな言葉あふれる愛のメッセージカードを書いたりなんて想像できません。そうなるまでには、まだまだ時間がかかりそうですね。

Copyright © 2020 ポルタイタリア語学スタジオ. All Rights Reserved.