神奈川・横浜
「ポルタイタリア語学スタジオ」

神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-1-20-402 タマプラーザKY

たまプラーザ駅から徒歩2分。
町田・川崎・大和各方面に
お住まいの方も通学便利。

マリ共和国

Mali
※イタリア語の下に日本語訳があります

Durante le vacanze invernali io e mia moglie abbiamo viaggiato per 10 giorni in Mali, un paese africano.

Diciamo subito che si trova a Sud dell’Algeria e quindi non ci sono leoni e animali simili. Gran parte del suo territorio è occupato dal deserto del Sahara e la sua sabbia è una presenza costante. La si respira e si deposita dappertutto.

Il Mali è uno dei paesi più poveri al mondo e di conseguenza molte persone vivono miseramente, ma le condizioni di vita dei bambini sono particolarmente toccanti. Nonostante questo, i maliani sono allegri e ridono con gusto, sopportando con grande dignità la loro miseria.

Viaggiare in un paese così non è cosa semplice e rilassante, comunque non impossibile. Non voglio e non posso descrivere gli inconvenienti del viaggio in Mali. Sappiate, però, che in ogni situazione una battuta, una risata o una faccia simpatica hanno sdrammatizzato le cose.

Che cosa abbiamo visitato:

Bamako- La capitale del Mali. È una città caotica e inquinata (molto inquinata), che ospita un grande mercato e il Museo Nazionale.

Djenne- Vi si trova la grande moschea, quello che è l’edificio in fango più grande del mondo.

L’ingresso ai non mussulmani sarebbe vietato. Siamo stati avvicinati, però, da almeno 15 persone diverse che ci hanno detto che ciò non era vero e alla fine l’abbiamo visitata, naturalmente pagando.

Mopti- Il centro economico del Mali. Il suo porto sul fiume Niger è un esempio di cosa può essere l’Africa. Ci sono cose e persone provenienti da ogni parte del paese e dall’estero, con un brulicare indescrivibile di gente e merci. Anche la moschea e la città vecchia sono molto interessanti.

Timbuctu/Tombouctou- È la porta del Mali sul Sahara e quindi la sabbia del deserto vi regna sovrana. La città è affascinante, con un’atmosfera particolare, diversa dal resto del Mali e i suoi abitanti sembrano essere orgogliosi di questa diversità.

I Paesi Dogon/Pays Dogon- I Dogon, che vivono secondo le proprie tradizioni antichissime, sono una delle tante etnie del Mali. In questa zona abbiamo fatto alcuni percorsi di trekking molto interessanti, anche se i cocenti raggi solari ci hanno torturato per tutto il tempo.

Un’esperienza bellissima è stata dormire una notte all’aperto, sul tetto piatto di una casa dogon

Segou- Non c’è niente di particolare da vedere in questa città e per questo è interessante. Ricorda la provincia italiana, tranquilla e sonnolenta.

Visitando il Mali ho capito perfettamente perché migliaia di maliani raggiungono l’Europa, affrontando un viaggio lungo e pericoloso: la miseria li spinge a questo. Credo anche che, con grande dispiacere della Lega Nord, sia impossibile fermarli: hanno troppa fame!

マリ共和国 Mali

冬休みを利用して、僕は妻と10日間にわたってアフリカにあるマリ共和国を旅してきました。

マリはアルジェリアの南にあるので、いわゆるライオンやその他の凶暴な動物はいないと言われています。国土の大半を、サハラ砂漠が占めており、その砂は至る所で呼吸し、定着し、普遍的に存在しています。

マリは世界の中でももっとも貧しい国の一つです。したがって、人々の暮らしはとても貧窮しています。子どもを取り巻く環境は、特に心を揺るがすものがありました。にも拘らず、マリの人々はとても陽気で、その貧困に気高さを持って耐えながら、それらを楽しげに笑い飛ばします。

このような国を旅する事は、簡単な事でもないし、リラックス出来るというものでもありません。でも不可能な事ではないと思います。僕はマリの旅の不自由な様子については、書けないし、また書きたくもありません。だけど、いつどんなときでも、ものごとに深刻にとらわれない彼らのジョークや笑い、陽気な笑顔がありました。

訪れた場所

マコ:マリ共和国の首都。大変混雑した、排気ガスでいっぱいの町でした。大きなメルカート(市場)と国立博物館が出迎えてくれます。

ジェンネ:泥土で作られた世界で最大の建造物、モスクがあります。回教徒でない人は入れないという事でしたが、少なくとも15人くらいの人々が僕たちに近づき、それは事実ではないと言ってくれたので、結局入る事ができました。もちろん有料でした。

モプティ:マリ共和国の経済の中心地。ニジェール川の河口の町は、これこそアフリカそのものです。国内のあらゆる場所からまた国外から集まったたくさんの人と物。人々と商品とがごった返す様は、描写できません。さらに、モスクと古い町並みは本当に興味深いものでした。

トンブクトゥ:マリの人々のサハラ砂漠への玄関口です。ここではいたるところ砂だらけです。町はとても魅力にあふれ、マリの他の町とは違う、独特の雰囲気があります。僕には、トンブクトゥの人たちが、この他の町との違いを、誇らしげに感じているように思えました。

ドゴン:ドゴンでは、人々は古来からの伝統を守りながら暮らしています。マリにたくさんある民族の一つです。ここで、僕たちは山歩きのコースに参加しました。山歩きの間ずっと拷問のように降り注いでいた太陽の光にもかかわらず、それはとても楽しいものでした。

とても面白い体験としては、ドゴンの平たい屋根の上(屋外)で眠れた事です。

セグー:ここには敢えて見るべきものは何もありませんでしたが、それが逆に面白いところでした。イタリアの静かで、のどかな田舎町を思い浮かべてみてください。

マリを訪れてみて、何故多くのマリの人々が長く危険な旅をおかしてまで、ヨーロッパにやってくるのか良くわかりました。貧しさが彼らの背中を押しているのでしょう。おそらく彼らを止めることは出来ないと思います。いくらレガノルド(イタリア北部同盟)がどんなに気に入らないとしてもね。だって、彼らはおなかが空いているんだから!TOTO

Copyright © 2020 ポルタイタリア語学スタジオ. All Rights Reserved.