神奈川・横浜
「ポルタイタリア語学スタジオ」

神奈川県横浜市青葉区
美しが丘2-1-20-402 タマプラーザKY

たまプラーザ駅から徒歩2分。
町田・川崎・大和各方面に
お住まいの方も通学便利。

イタリアのバール

Il bar italiano
※イタリア語の下に日本語があります。

Un salto al bar preferito è una cosa a cui molti italiani non sanno rinunciare.

Qui non si parla dei grandi bar situati nel centro delle città, bensì dei bar di periferia o della provincia italiana. In questi luoghi, soprattutto per gli uomini, il bar svolge la funzione di punto di ritrovo per le persone di ogni età e, a dire il vero, questa sembra essere la sua vera finalità.

Siccome tutti vanno al bar, ci si può incontrare gente di tutti i tipi e fare esperienze sia positive che negative, ma è basilare incontrare qualcuno, non consumare qualcosa. E non meravigliatevi se uno sconosciuto vi rivolgesse la parola: al bar è la cosa più naturale del mondo.

Consiglio vivamente a quelli che vanno in Italia di frequentare il più possibile il bar: andandoci, ci si fa un’idea dell’ambiente intorno e si capisce meglio l’Italia.

Per questo credo che il bar italiano sia nettamente diverso dai locali che ci sono in Giappone.

Un’altra cosa diversa è la lunghezza temporale dello stare al bar. Si potrebbe pensare che sia lunga, invece spesso è limitata al tempo di consumare qualcosa. Siccome i proprietari dei bar non gradiscono che un cliente che non consuma resti a lungo nel bar, fatto questo si esce e si cerca di approfondire eventuali nuove conoscenze in altri luoghi. Perciò una cosa che dovete scordarvi è sedervi al tavolo e passare tre ore con un caffè. Dopo al massimo un’ora vi chiederanno di ordinare ancora qualcosa e se non lo fate, ci sono posti in cui chiedono esplicitamente di andarsene. Se vi sembra strano, considerate che gestire un bar è oneroso, sia in Italia che in Giappone.

イタリアのバール

お気に入りのバールに立ち寄ること、それは大概のイタリア人が止められないことのひとつです。ここで言うのは都会の大きなバールのことではなく近郊や田舎のバールのことです。そういう地域では、特に男性にとっては、バールは色々な年代の人々が集う社交場のような役割を担っていて、実を言えば、それが本来の姿なのではないかと思うのです。

そのようなバールに行ってみると、カウンターやテーブル席で飲んだり食べたりしてお喋りをしている人々を見かけます。お喋りの相手が誰かということはたいした問題ではなく、相手は友達だったり知り合いだったり、あるいはまったく知らない人だったりもします。大切なのは「社交すること」、誰かと知り合いになることです。

バールへは皆が行くので様々な人と出会い、良きにすれ悪しきにすれ色々な経験を得ることができます。でも、肝心なことは飲んだり食べたりすることではなくて社交することなのです。

もし知らない人が話しかけてきたとしても、バールではごく普通のことなので驚かないでくださいね。そしてイタリアへ行ったらぜひできるだけバールに通って欲しいと思います。通っているうちにその土地柄がわかるようになり、イタリアのこともより理解することができますよ。

そんなことからイタリアのバールは日本の喫茶店とはまったく異なるものだと思います。

更にもうひとつ違うことはバールに居る時間です。長く居られるように思えますが飲んだり食べたりする時間には限度があります。バールの店主は何も頼まずに居座るお客を歓迎しないので店を出て他のバールでまた新たな知り合いを探索することになるわけです。ですからコーヒー一杯で3時間テーブルに居るなどということはあきらめて下さい。

イタリアでは長くても1時間たったら新たに何か注文をとりにやって来ますし、そうでなければ明らかに帰ってほしいという雰囲気になります。

変に思われるかもしれませんが、イタリアでも日本でもバールを経営するということは大変なことなのです。

Copyright © 2020 ポルタイタリア語学スタジオ. All Rights Reserved.